21で実家を出てから長年
捨て病を患い続けている私ですが
そんな私が人生でも一番
重症だったころがあります。 




それは、妊娠中。



家族が増える=物が増える


ということで
物を捨てまくるのが
出産準備だと思ってました。
(極端)



IMG_20210704_175234

でさ、初めての出産て
二人目三人目と違って
上の子のお下がりもないから
全部用意しなきゃいけないじゃん?



しかも初めてだから
何を買ったら良いかも分からない。



つまりは
不安だから全部買っとけ
になりがちなのよね。



これって要不要の判断が
出来なくなってる状態。



大量のベビー用品が選別もされずに
家に入り込んでくることになるんだけど
元々モノを増やしたくない捨て病なので
これが耐えられないのよ!



入ってくるものの選別が出来ないなら
今あるものを捨てるしかねえ!
てことで目を血走らせて
ステハゲと化しておりました。



今日はそんな妊娠中に捨てたもので
今思い返しても特に
捨てて良かったと思うものを
ピックアップしていくよん。





思い出系

IMG_20200628_121444

これはかなり捨てた記憶があります。



元から卒アル捨てたりする
イカれ野郎でしたが
それでも当時は今より遥かに
沢山の思い出品を所有してた私。



家族が増えるとその分
残したい思い出も増えるから
自分の思い出は減らして正解だったと思う。









水切りカゴ


IMG_20210814_103313

当時は水切りかごはあって当たり前。


なんなら水切りかごを
そのまま収納にしてたくらいだったけど
やっぱ作業するとき邪魔&
水切りかごの掃除が大変。



一人暮らしならいざしらず
家族分の料理を作るのには
食器の自然乾燥が出来ることより
広い作業スペースがあるほうが
個人的にはラクだった。






自分の服


IMG_20210108_130919

当時は「よそいきの服」と
日常で着る「どーでもいい服」の
2種類を持ってたんだけど
実際によそいきの服を着るのは月に1度。



それが妊娠で更に減り
ほとんど出番がなくなりました。



着てない服を処分しようと思った時
それならよそ行きの服を
普段着に降格させて出番を増やそう!
と普段着の方を全処分。



よそいきを普段遣いするように。



ちなみにリサイクルショップで
引き取ってもらえなかった古着は切って
ボールに入れたぬるま湯で濡らして
おしりふきに再利用しました。




枕やクッション

IMG_20181004_141204

新生児の頃はベビー布団を使ってたから
少しでも寝具を減らしたくて
大人の枕とかクッションの芯材を
シーズンオフの寝具に変えたのもこの頃。



まあ、枕にこだわりがある人には
絶対におすすめできないけど
クッションくらいなら
マイクロファイバー系の素材ならありかと。
(タオルケットは硬いから非推奨)






以上、個人的に妊娠中に
捨てて良かったものでした。



出産準備っていうと
物を用意することに意識が行きがちだけど
スペースを用意するのも
立派な出産準備だぜ!























こちらもどーぞ↓