37平米に3人暮らし

2Kの団地に知的グレーの小3娘、オットと三人暮らし。 スッキリしたインテリアが好き。

タグ:IQ

先日、娘がうん◯を
漏らして帰ってきました。
(のっけからなんて話題)
(′∀`;)

理由を聞くと
授業中にお腹が痛くなったので
先生に言ったのだけど
我慢してくださいと言われ
漏らしてしまったらしい。
IMG_20181217_102706_548
↑もれたろう

娘いわく、他のクラスの先生は
トイレに行かせてくれるけど
担任の先生は授業中のトイレを
禁じてるらしい。

ちなみに新しい担任の先生は
いつも居残りで補習をしてくれたり
割と熱心な良い先生です。

娘は状況をうまく理解したり
説明することも苦手なので
真偽は個人面談で
聞いてみようと思いますが
もし本当ならなんでだろ?

休み時間にトイレを済ませて
おくようにっていうことかな?

でもおしっこはまだしも
うん◯は・・・

やつは突然やってくることも
あるからねぇ。笑

まあ、娘には災難だったね
と労いました。

ところで!

我が家は知的ボーダーだったので
小学校に入る前に就学相談というのを
受けたんですね。

支援級に入るか普通級がいいかを
判断するために、現在の状況を見てもらい
学校にその結果を伝える、というもの。

うちは発達障害ではなく知的障害なので
支援級にも受け皿がなく普通級で
配慮しながら見守り、と言われたんですが。

なので私はてっきり担任の先生は
娘の特性を理解してくださってると
思い込んでたんです。

で、1年のとき
ことばの学校という
言語聴覚士さんによる
支援級(通級)があるのを知って
言葉の発達に役立ちそうだなと
希望を出してみたんです。

結果その支援級は
吃音とか発音的なものがメインで
娘は該当しなかったのですが
以前のIQの話をしたところ
学校側に見守りをしてもらいましょう
と言語聴覚士さん?に言われ
その後、担任の先生から
電話が来ました。

「ことばの学校から連絡がありました。
 お母さんがもしご希望なら
 発達テストを受けられますけど」
と。

数ヶ月前に就学相談で受けてるので
また受けなきゃいけないのかな?
と思い、話していくとなんと!

就学相談を受けていたことすら
先生は知らなかった!Σ( ̄ロ ̄|||)

就学相談の書類自体は学校に
送られてきているはずなので
どこで止まってるのか分かりませんが
先生にその資料をコピーさせてくださいと
言われたので、確実に現場の先生たちには
伝わってなかった模様。

なので2年生になって担任が変わった今
もしかしたらその事実は
引き継がれていないかもしれません。

ということで、また個人面談にて
新しい先生に娘の特性を
細かく説明しとこうと思ってます。

うん◯の件もついでにね。笑

最近娘の問題行動が多くて
実はおねしょも復活してるので
少しでも娘のストレスを減らせるように
してあげたいんだけど
勉強についていけなくなるという焦りから
勉強勉強って言っちゃうんだよな~。

自己矛盾~~~( ̄▽ ̄;)



娘の過去記事↓

知的障害かも、と言われてまず取り組んだこと

発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり①体外受精

発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり③乳児期

発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり⑧IQのテスト



このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて、いよいよ娘記録も今回でラストです!(`・ω・´)

前回までの記事
発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり①体外受精
発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり②体外受精
発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり③乳児期
発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり④イヤイヤ期
発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり⑤虐待寸前
発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり⑥幼稚園入園前
発達障害?と思ったらIQに問題があった・気づくまでの道のり⑦幼稚園


前回、発達センターに通い始めた娘。
その後、同じクラスの仲のいい男の子が、同じく発達センターに通い始めたことを知りました。

私はその時点で、誰にも通ってることを言っていなかったんですが、そのお母さんのお蔭で私も悩みを打ち明ることができました。
その男の子も、やっぱり暴力を振るってしまうので、お母さんが苦労してたんですよ(´Д⊂)。
で、私は密かに共感してて、そのお母さんと仲良くなりたいなあ、と自分からお家に誘ったりして、以前から交流はしてたんですよね。

同じ悩みを持つ人が身近にいるって、心強かったです。

で、そんな日々が続いて、娘もようやく入院のトラウマを少し忘れ、無事に年長さんになろうとしていました。
幼稚園でも段々暴力を振るわなくなったし、発達検査も異常なかったし、もしかしたら私の思い過ごしで、ただ単にちょっときかない子なだけかも~( ´∀`)とか、楽観視し始めた頃でした。

2度目の発達検査が行われました。

特になんとも思わず、学年変わるからテストするのかな~?なんて思っていたら、結果は・・・。

IQ72

え?
(つд⊂)ゴシゴシ

IQって、知能指数の?

あのIQ?

先生からかる~く説明はあったものの、私も心の準備が全く無かったので、よく事態がつかめず。
質問は?と聞かれても何を質問したらいいのかも分からない始末。

帰ってネットで検索してみると、ようやく分かりました。

娘は軽度知的障害の境界領域。
いわゆるグレーゾーンというやつだったのです。
しかも限りなく黒に近いグレー。

IQは70以下だと軽度知的障害と診断されるようです。

軽度知的障害についてはなんの知識も持ち合わせていなかった私は、そこで初めて色々調べ、今まで感じていた違和感がすべてそのためだったのか、と腑に落ちました。

軽度知的障害の特徴として、

言葉の発達が遅い
概念を理解しにくい
年齢の割に幼い

などが書かれていました。
どれもこれも娘の特徴にピッタリだったんです。

正直に書きますと、私、すっっっごいショックでした。

知的障害=いじめられる=社会で自立できない、ってまず頭に浮かびました。

すいません、差別的って思われるかもしれませんが、それが親として真っ先に浮かんだことなんです。

もうただ頭はゴーゴーと何かに急き立てられるかのようで、ジリジリと焦りばかりが募り
「どうすれば頭が良くなる?どうすれば手遅れにならない?」
と、頭に良さそうなことを片っ端からやったり、必死でした。

他の子を見ると、うちの子ができないことをどんどんできるようになっていく・・・。
それが羨ましくて、どうしてうちの子が知的障害なんだろう?どうしてうちの子だけできないんだろう?って思う日々。

そんな日々が永遠に続くと思ってました。
楽しんで子育てするなんて、もう永遠にできないんだ、って。

でもね~、人間って強いというか、図太いというか、慣れちゃうんですよね。

最初は我が子を見るたび涙ぐんでたくせに、段々「IQ72だとわかった娘」が普通になっていって・・・。

そりゃそうですよね。娘は娘ですから、IQを知る前も知ったあとも、何も変わってないわけです。
相変わらずぼーっとしてるし、わがままだし、甘えん坊で、かわいい。

そもそも知能指数って、勉強や訓練して伸びるもんでもないみたいだし。
(テストの数値が伸びたとしても、知能が良くなるわけじゃない)
もちろん、私が落ち込むことで頭が良くなるわけもない。

むしろ私が落ち込んで、娘に辛く当たったりすれば、二次障害で自己肯定感を低くしてしまいかねない。

だったら、どうやって2次障害とか起こさないようにするか考えたり、どうやって自立させるか考えたりしたほうが建設的でしょ?

それはともかく、その頃には発達センターのグループワークが始まっていました。
そしてそして!
年長さんになった娘のクラスに転入してきた男の子が、またまた発達センターに通っていることが発覚したんです!
もうひとりの男の子も含め、同じクラスに3人も発達センターに通ってる子がいるなんて!

そりゃあ、先生も苦労するよね(´∀`;)

で、その子はうちの子と同じで、IQがグレーゾーンだと言われてることも分かりました。
ただ、その子のうちは、お姉ちゃんが逆にIQが高すぎて発達障害と診断されているらしく、弟くんの方も、一応IQは低いと言われてるけど、私が見た感じでは大人びていて賢そうだし、テストのとき真面目にやらなかったってお母さんが言ってたから、きっと実際はIQ低くない気がする。(むしろ高い?)

でも、IQって高すぎても良くないんですね。それが意外でした。
バラつきがあるから駄目なのかな?

そうそう、それ以外にも、娘が境界領域であることを平気で口に出せるようになったら、「実はうちのお兄ちゃんも」とか、「この子のお姉ちゃんが」とか、同じように発達障害、またはグレーゾーンの子が周りに沢山いて驚きました。


そういうのもあって、特別なことじゃないって意識が強くなっていった気がします。

ここまでが娘が軽度知的障害の疑いを指摘されるまでの流れです。
長々書いてきましたが、この後にも小学校進学にあたって、就学相談とかありましたし、書きたくなったら、また子育てのカテゴリーで気まぐれに書くかもしれません。m(__)m

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

↑我が家は今進研ゼミ小学講座を受講中です。
下のポピーと迷ったんですが、やっぱり付録の多さが子供には良かったみたい。






にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家には小学1年生の娘っ子がおります。
娘は5歳になってすぐ、発達センターでIQ74と診断されました。

それまでも、ずーっと他の子と違うな~、発達障害なのかな~?とか色々思っていたんですが、まさか知能に問題があるとは全く思っていなかったので(まあ、頭がいいとは確かに思ってなかったけど)聞いたときはショックでした(´;ω;`)

半年くらいはず~~~~んと沈んで、何をしてても悲しくて、娘を見ててもちょっとできないことがあると、やっぱり知的障害のせい?とか思っちゃったりして、娘を見るのが辛かった><
他の子と比べたりもしてました。

将来のことなんてな~んも見えず、就職できないかも、とか結婚もできないだろうな、とか進学なんてまず無理だよね、とか悲観的になっちゃって、毎日暗い顔。

娘に笑顔を向けることも忘れて、必死に勉強を教えたり、頭に良さそうなこと片っ端からさせてみたり。

今思えば申し訳ない事をしたと思う。(´;ω;`)

その後、同じ幼稚園にも発達障害や知的障害のグレーゾーンのお友達が結構いることが分かったりして、情報交換してるうちに、うちだけじゃないんだ、と安心したのもあって、今は自然に受け入れてますが。

今の所学校のお勉強にもついていけてるみたいだしね。

そんなうちの娘の特徴として、「ピントが合いづらい!」というのがあります。

とにかくボーーーーーーっとしとるんですわ!
名前を大声で連呼しても、まあ返事が帰ってくることは稀。
着替えなさいと言われても、パンツ片手にうろうろ。30分経っても着替えが終わってないなんてザラ。

他のことに気を取られたり、集中できなくて頭に何も入っていかないんです。

そういうときは何をしてもだめ。
もちろん勉強とかも、普段なら簡単に解ける問題も、全然分かんなくなります。

でも・・・でもね!
逆にピントがピシーって合ってるときが(たまに)あるんですよ!(`・ω・´)

そうすると娘っ子、びっくりするような能力を発揮します!
いえ、普通の子なら当たり前にできることなんですがね・・・。

例えば足し算で6+9=みたいなんが出るでしょ?
そうするとまあ、指使って数えるわけです、娘の場合。

で、その次に7+9=って出すと、前の問題を応用して「7だから、6より1多いから~」ってやるんです。

ええ、そう、普通。

でもうちの子はいつもならまたイチから数えちゃう。
そういうのができるようになっちゃうんです。

着替えだって電光石火で終わらせます。
いつもは的を射ない会話も、なんだかちゃんと成立します(笑)

つまり、ちょっと普通の小1っぽくなるんです。

でも就学相談でも2年通った発達センターでも、知的以外の発達障害は指摘されてないんですよね~(´・ω・`)

親のアタクシとしては、注意欠陥障害とかもあるんじゃないかと思ってるんですが・・。

言葉の遅れとか考えるとやっぱり知的な問題なのかな?
注意欠陥のせいで言葉は遅れないもんね・・・

まあ、そんな子育てですが、同じ年の子より精神年齢幼い娘はまぢかわいいっす!!(*´Д`*)
女子は生意気になってくる年頃だけど、騙されやすいし(騙してるんかい)まだまだ私の言いなりですわ。
お~~ほほほ!(′∀`)






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ