37平米に3人暮らし

2Kの団地に知的グレーの小3娘、オットと三人暮らし。 スッキリしたインテリアが好き。

タグ:手作り

娘のリクエストで
誕生日は温泉に行く予定だったんですが
巷を賑わす新型コロナにビビって
結局旅行はキャンセルすることに。

岡部さん、ごめんなさい。
(↑人か)

で、とりあえずケーキでも食べて
お祝いすっか!ってなったんだけど
ここで娘からのリクエスト

まさかの

アイスケーキ。


このブログにも散々書いてきましたが
我が家は毎回ケーキは手作り。
(安いからね)

アイス・・・ケーキ?

作れるの?(素直に買えよ)

私、遠い平成の時代(バブル頃)に
サーティワンで働いてたことあるんだけど
アイスケーキって
ケーキって名前だけど
ケーキの形をした
ただのアイスだからね!

要はケーキに見えりゃいーんだろ?
お嬢ちゃん!


てことで用意したのはこちら!

IMG_20200213_165141

2リットルアイス~!

あとは業務スーパーで購入したコイツ
IMG_20200213_155640
チョコレートソースと
いつものようにOKストアで買った
ホイップ済みのクリームと
いちごなどでデコっていきます。

IMG_20200213_155502
完成!(早)

ほらケーキっぽい!

もちろんアイスは容器のままね。

これなら途中で残しても
普通のアイスとしてあとから食べられる~。

クリームとかソースも
いっぱい余ってるから
サンデーにして食べてもいいな。

ちなみに部屋のデコレーションは
いつもながらテキトゥーの極み。
IMG_20200213_082849

娘の折り紙(使用済み)でなんか
クラッカー?的なん作ってみた。

あとはティッシュ(使用してないよ)で
お花作って
ハロウィンのガーランドのサイドに貼り付け。

ま~、娘しか見ないし、いいっしょ
(ブログで公開しちゃってますが?)
と思ってたら、
娘が友達わんさか連れてきて

何これ~?ww

って言われた・・・_(´ཀ`」 ∠)_


ミナイデ・・・

旅行の代わりのプレゼントについては
また今度~~。








こちらもどーぞ↓









このエントリーをはてなブックマークに追加

去年やって娘から好評だった
アドベントカレンダー。

今年も用意しました!!

IMG_20191104_163130

いつものクリスマスツリー。




見えないのをいいことに
表に飾りを集結させております。




で、この見えない裏っかわに
ゲームセンターで拾ってきた
ガチャカプセルをつけまして

IMG_20191104_163202
日付書いて、中にお菓子入れれば
完成という手軽さと貧乏臭さ!

因みにゲーセンの人に
カプセル頂いてもいいですか~?
って聞くと大抵
捨てるだけなのでどうぞ
って言ってくれますよ。

たまにリサイクルしてる店も
あるみたいだから要確認だけど。


IMG_20191104_163856
これで今年も我が家のツリーは
あしゅら男爵と化しました。
(あしゅら男爵は左右だけど)

ついでだから意味もなく
イルミネーション点灯。
IMG_20191104_163714

このライトのスイッチも裏の顔に
ひっそり隠してます。

IMG_20191104_163338

このボタンを押すと点滅の速度とか
パターンを変えられる仕様。

ナカナカ綺麗で盛り上がる~ん。


↑ココで買ったやつ。




こちらもどーぞ↓

楽天・イルミネーションとクリスマスプレゼント購入

なんちゃってイッタラ&クチポール・3コインズとか100均とか

パジャマってどこにしまってる?

毛布のいらない布団カバー
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のクリスマスは
子供とケーキをデコレーションして
楽しみました。

パパの誕生日ケーキと同じく
スポンジ買ってきて飾るだけなので
小さい子供でも知育菓子感覚で
お料理楽しめます(ねるねるねるねかよ)
IMG_20181224_105626

イチゴは直前に買おうと思ったけど
700円超えの値札見て手が震え
結局家にあったみかんを使って
みかんケーキにすることに。笑

薄皮地味ーにむきむき。

果肉ボロボロ。
IMG_20181224_142219
子供の好きなお菓子も色々乗っかります。
IMG_20181224_105637
あとは去年の市販ケーキに乗っていた
飾りをとっておいたので
飾り付けに再利用。

材料用意するだけで完全ノープラン。
あとは子どもの感性に任せます。
IMG_20181224_142224
途中経過。

生クリームべっちょ~~~。

IMG_20181224_144526
で、完成。

アメとかハイチュウのっとる。笑
IMG_20181224_144541
ロールケーキの後ろに覗き見サンタ。

まるで学校の工作のような出来栄え。笑

他のメニューも全て子供のリクエスト。
IMG_20181224_173312
大盛り唐揚げにポテト。

ここにピザとパスタが加わって
オサレ感ゼロのクリスマスです。

でも、子供はシャンメリーとケーキで
テンションマックス。

ケーキそっちのけで
アメばっか食べてたけどね。( ´∀`)

そして昨夜は娘、珍しく
さっさと歯磨きを済ませ
7時に布団入ろうとしてました。
(サンタ狙い)

朝になったら
サンタさん来てるといいね~( ´_ゝ`)ノ




こんな型でケーキ焼いたら子供大喜び。

今年はクレヨンしんちゃんの影響で
お年玉も早々に催促されてます(; ̄Д ̄)
ぽち袋も用意しなきゃ・・・



このシリーズなんかかわいい。
鳥のやつとかゆるくていい。
お正月にピッタリ。



クリスマス終わったら
ツリーもお片付けですね。
ダンボールだと虫湧きそうだし
こういうバッグがほしいな~。



デザインはこっちのほうがシンプルで好き。
でも高い・・・




にほんブログ村 インテリアブログ ミックススタイルインテリアへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20181219_154556

悩みに悩んだお正月飾り。

Pinterestとかで色んな飾りを見て
イメージを固めたので
いよいよキャンドゥ行ってきました!

IMG_20181217_145301
用意したのはヌードしめ縄リース。

そしてまたまた近所の河原で
ちょこちょこ採集してきた植物たち。

 事前にベランダで数日放置してます。
IMG_20181217_145326

これにクリスマスで使った雑草のドライとか
松ぼっくりとか適当に家にあるもん足せば
なんとかなるだろ~って、製作開始!

まずは適当に長いものと短いものを
組み合わせて輪ゴムで止めて
スワッグにします。

IMG_20181218_163147
んで、それをリースの交差してる部分に
モールでとめて

IMG_20181218_163302
こんな状態になりました。
IMG_20181218_163311

向きとか長さとかを見ながら
ちょこちょこ手直し。
IMG_20181218_163540
これでほぼ完成(え)

縄のとこにモール通して
IMG_20181218_163834
家にあった麻ひもをこれに通します。

ちなみにこの麻ひも、泥ネギを買ったとき
ネギ縛ってあったやつね。
IMG_20181218_163914
で、壁掛けしながら全体のバランス見て
なんか下のほうが淋しかったので
松ぼっくりのちっこいのとか
猫じゃらしとか枯葉とか適当に
輪ゴムとモールでとめてみる。
IMG_20181218_165706
で、一応完成。

水引とかあるともっと
華があるような気もしますが。
IMG_20181219_154556
買ったものはヌードリースだけなので
材料費108円っちゅー
ビンボー人仕様のお正月飾りでございます。

びんぼっちゃまくんちにありそうだな。
(↑分かる人だけ分かる)

あとは余ってる南天をこういう
白い花瓶に入れようかと。




ちらし寿司とかグラスに入れて
こういうのにのせたらシャレオツ?
(言い方がシャレオツではない)

今年はちらし寿司にしようかな。



こういう素朴な食器
コロッケのってるだけなのに
素敵に見えるマジック。



にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

100均パトロール行ってきました!
(`・ω・´)ビシッ

お正月飾りを求めてキャンドゥへ!

お正月コーナーできてました!!
IMG_20181204_124832
ざざん!!

今年はヌードしめ縄リースと
その材料が結構出てました。

自分で作る人が
増えたってことなんでしょうね。

しめ縄リースは大きくて
理想的な大きさ!

でもセンスと技術に難アリなので
どうしようか悩みます・・・
IMG_20181204_124839
松の葉とか南天とかは
入れたほうがお正月っぽいよね。

水引も売ってたけど何を入れて
どうしたもんだか完全に
頭がフリーズ・・・
IMG_20181204_124846
こんなのも売ってた。

とりあえずどんなリースにするか
イメージを固めないと駄目だな・・・
(≡ω≡.)




なんか気になるこの飾り



お重も普段遣いできるやつだと
余ったお惣菜とか入れといて
そのままテーブルに並べられる



しめ縄なしの水引だけっていうのも
ありだな~。
でもそれこそセンスと技術が・・・


にほんブログ村 インテリアブログ 賃貸インテリアへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ