我が家の娘はIQ74
(就学相談のときは80くらいでした)
軽度知的障害と健常者の
ボーダーラインです。

それを知って私がまず思ったのが
将来どうやってこの子を
自立させていくかです。

もしかしたら高校進学も
難しいかもしれない。

結婚もできないかも。

そうなったら自分で稼がなきゃいけない。

就職はできるのか?

一人で家計の管理もしなきゃいけない。

そのために最低限必要な能力って?
(((( ;゚д゚)))オロオロ

色々考えて、全ての基本となる
国語と算数に力を入れて
教えることにしました。

もう英語とか理科とか
他の教科は捨ててもいいから
最低限生きていくために
「読み書き」と「計算」だけは
なんとかしよう!と思ったんです。
(`・ω・´)

でもムスメ、文字を読むのが苦手で
苦手だからこそ読みたがらないんですよ・・・

そこで私が考え出した方法!

「金でつる!!」笑

絵本を読んだらお小遣いをあげるっていう
ルールにしたんです。

で、そのお小遣いで
自分の欲しいものは自分で買わせる。

この方法、いいことだらけ!

まず、子供が外出中に
「あれ買って~」
とか言い出したら
「自分でお金貯めて買いなさ~い」
( ´_ゝ`)と言える!笑

んで、それが安いものとか
すぐ欲しいものとかだと
うちの子の場合
まず本屋に行きます。

そして適当に自分が読めそうな
本を持ってきて
「これ何円?」
って聞いてきます。

私は本の字数や長さや
その時娘が欲しがってるものの
値段なんかを考慮して
報酬を査定します。

そしたらその場で娘は立ち読み。笑

報酬ゲットした娘は
自分でお金を持って買い物するわけです。

自分で買い物をするようになってから
数量感覚がメキメキ育ちました。

お金って改めて見ると
凄い合理的に作られてて
数字を理解したり計算するのに
いいんですよ~。

最初は5円と1円5個が同じとか
理解出来ないし
10円より1円5個のほうが
「お金いっぱい~」
って喜んでたんで
まずは全部1円で
お小遣いあげてました。

店の人迷惑・・・笑

その後徐々に1円5枚で5円に変身!
とか教えていって
今は1万円まではなんとなく
価値が分かるようになりましたよ。
( ̄▽ ̄)V

算数を教えるときも
計算とか指使って数えてるので
「9-4って9円持ってて4円使うことだよ」
って、お金使って実演してます。

5円玉交えてやると9円って
5円と1円4枚になるから
わかりやすいんですよね。

10を超える数
(指が足らなくなるやつ)
も10円玉一個と何円とかで
分かりやすくなります。

そうやって日々銭勘定してるせいか
娘は今のところ学校の勉強には
なんとかついて行けてるみたい。

特に算数は得意!
って自分では思ってるみたいです。

相変わらず絵本は小遣いなしじゃ
自分から読まないけどね('д` ;)

まあなんとかゆっくりでも
拾い読みではなくなっただけヨシとします。

そうそう、拾い読みを克服するためにも
やってた工夫があるので
今度気が向いたら紹介します!

ちなみに娘の時間割表↓
IMG_20180906_103833
途中に休み時間の帯が入って
曜日ごとに見づらいので
色分けして塗ってます。

うらはこんなん。↓
IMG_20180906_103840

折り紙で可愛くして
カラーボックスにイン。

IMG_20180906_103857
ファイルスタンドは
セリアのものです。

普段はスッカスカな収納ですが
夏休みとかになるといろいろ
持ち帰ってくるので
このくらい余白がないと
入り切らないんですよね。




にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村